就職、転職する際に、仕事を条件面、やる仕事内容等で選ぶ事も必要です。

しかし、忘れてはならないのが、入社した際に一緒に働く仲間との相性、働く目的等も大切なポイントではないでしょうか。

相性が合わなく、働く目的が違うと、どうしても相手は主義主張をしたり、自分勝手な行動をすることがあります。

これは、職場の和を乱すだけでなく、自分のモチベーションも下げられてしまいます。つまり、一種の「足を引っ張る人罪」になります。

自己実現を達成し、良質な社会貢献をする為にも、仕事を選ぶときには、仲間との相性もポイントにするのはいかがでしょうか。