人間は不完全で弱いものだから、全てを一人でやり遂げる事はできない。

他人に頼んでやってもらうものを分担しなければならない。

そこで注意したのは、人に頼むという事は、人に感謝するとともに、自分自身に責任を持つという事。

また、結果が良かった時は、頼んだ人の功績にし、悪かった時は、自分が悪者になれば、参加意識が高くなり、より一層、チームワークが良くなると思います。