例えば、「笑顔を絶やさない」を従業員に徹底して貰う時に、

2グループに分かれてもらい、お互いに「笑顔」「不機嫌な顔」をやってもらう。

そのすると、言葉で説明するよりも、実際にその表情を見て感じる方が、その重要性を理解しやすい。

言葉は、同じでも、受け取り方は、人によって変わります。その時に、行動からの共感は、同じ価値観で伝わるのではないでしょうか。